本文へスキップ
医療法人社団あすなろ会

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.042-701-8338

〒252-0314 神奈川県相模原市南区南台5-11-19-303

恐ろしい糖尿病合併症

小田急相模原の北口駅前総合内科クリニック。フォレストクリニックオダサガ内科です。

一度かかってしまうと治すことができない糖尿病ですが、困ったことに、この病気は自覚症状がほとんどありません。そのため、発見が遅くなり、気がついた時には糖尿病合併症を引き起こしてしまうこともあります。実は糖尿病で本当に怖いとされているのは、合併症を引き起こすことです。

糖尿病神経障害とは

合併症のなかで最も発症頻度が高いのが、糖尿病神経障害です。なかでも足の異変は、初期症状として気がつきやすいとされています。足のしびれや痛み、ほてり、冷え、つりやすい、こむら返りなどは糖尿病神経障害を要因とするものですから要注意です。これは血液の滞りから起こります。つまり血液がドロドロなために足の末端の毛細血管に酸素や栄養が送られにくくなり、こうした合併症を引き起こしてしまいます。症状が進行し、ひどい場合には歩行困難となり足を切断するケースもあります。少しでも違和感があれば、すぐに病院で診てもらいましょう。

糖尿病網膜症とは

糖尿病網膜症とは、目に障害が起こる合併症です。初期症状としては、少量の出血や白斑が表れるなど眼底の血管に病変が起こります。しかしこれらは自覚症状がないため、早期発見が難しいのです。気がついた時には、失明の危険が差し迫るほど症状が進行している場合も多いです。

糖尿病腎症とは

糖尿病腎症とは、腎臓に障害が起こる合併症です。腎臓というのは、尿を作り出す大切な役割を担っています。しかし腎臓に障害が起きると、尿を作ることができなくなります。そうなると人工透析を受けて、尿を体外に出す治療を行うことになります。人工透析は週3日ほど病院に通って治療を受けることになるので、日常生活においても負担がかかってしまいます。糖尿病腎症がさらに進行してしまうと、最悪な場合には腎不全で命を落としてしまうこともあります。

糖尿病は初期の段階で発見できれば、合併症を引き起こすこともなく食事や運動など生活習慣に気をつけるだけで進行を抑えることが可能です。ですから日頃から糖尿病予防を心がけ、定期的な糖尿病検査を行うようにしましょう。フォレストクリニックオダサガ内科では、糖尿病の診察を行っています。糖尿病予防したい方、すでに糖尿病になってしまった方は糖尿病治療に加え、糖尿病栄養指導なども行っており、安心して相談いただけます。小田急相模原駅から徒歩2分という便利な立地にありますから、ぜひご相談下さい。