本文へスキップ

医療法人社団あすなろ会

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.042-701-8338

〒252-0314 神奈川県相模原市南区南台5-11-19-303

小田急相模原の北口駅前総合内科クリニック。フォレストクリニックオダサガ内科です。

喘息のキッカケと対処法

日頃から夜眠る時に病気の症状が出て悩まれている方もいらっしゃると思います。睡眠時無呼吸症候群などは睡眠中に呼吸が止まり苦しくて目覚めるという恐ろしい症状です。また気管支喘息の発作も夜が多く苦しさで眠れずに朝を迎える方も多いのではないでしょうか。気管支喘息には幅広い年齢の方が悩まされています。日頃から呼吸器内科に通われている方はご存知かもしれませんが、こちらで気管支喘息のキッカケとその対処法をご紹介いたします。

気管支喘息になる要因

気管支喘息に悩まされている方の中には物心ついた時から気管支喘息に悩まされていた方もいらっしゃると思います。それは気管支喘息がアレルギーで引き起こされることが多いからです。家のホコリやペットの毛、などにアレルギーに反応が起きると症状が出てしまいます。またそれ以外では風邪などで体が弱っている時やタバコの煙、化粧品などがキッカケになり発作が起こります。様々なことが原因で発作が起こるので、喘息をお持ちの方は日頃の生活からこれらを避けるように気をつけなければなりません。

気管支喘息になると

気管支喘息になり発作が起きるととても苦しい症状が出てきます。胸が締め付けられる感覚で呼吸が苦しくなりゼーゼーと喘息独特の呼吸音が出てきます。苦しさを例えるなら100メートルを全力で走り終わった時の苦しい呼吸がずっと小刻みに続いているような感覚です。しかし怖いのはこの症状が悪化してしまった時です。血液の酸素が減り、受け答えもできない状況になり指先なども冷たくなるのでとても危険です。そこまで悪化する前に、喘息の症状を感じたら直ぐに病院の呼吸器内科にて診療が必要です。

喘息には適度な運動

喘息には運動は厳禁のイメージがあると思いますが、発作が起きてない時の適度な運動はとても大切です。特にスキーや水泳などの運動が好ましいと言われていますので、喘息をお持ちの方は健康的な生活を送るためにも適度な運動をおすすめいたします。

気管支喘息には沢山の方が悩んでいます。何よりも症状を感じた時は必ず早めに呼吸器内科へ行くことです。それだけで症状を悪化することを避けることができます。また気管支の病気にはタバコが原因のCOPDと言う病気もありますので、COPDの症状か分からない時は検査してはいかがでしょうか。気管支喘息の発作が起きた時や、気管支の検査や相談なら小田急相模原駅近くのフォレストクリニックオダサガ内科の呼吸器内科をぜひご利用下さい。フォレストクリニックオダサガ内科では呼吸機能検査装置でCOPDや肺年齢検査を行うことができます。